MENU

ワキガは人から人へうつってしまうのでしょうか?

家族や知人・友人にワキガがいる場合、うつることを心配される方が案外大勢いらっしゃいますが、はたしてワキガは本当に人から人へうつってしまうのでしょうか。

 

その答えはNOです。つまり、ワキガはうつりません。

 

ワキガというのはその人の体質における症状であり、においやその菌に触れることで水虫のようにはうつりません。

 

「体質の遺伝」それこそがワキガの原因です。ワキガは「アポクリン腺」という汗を作り出す腺の量が深く関係していて、この量が遺伝しやすいと言われています。そして、このアポクリン腺の量が多いと、ワキガの原因となるにおいが出やすくなるのです。ですので、生まれたときにアポクリン腺の量が少ないという人は、大人になってアポクリン腺の量が急激に増えるといったことはなく、どのような生活習慣を続けてもワキガになるということはないのです。

 

では、ワキガはうつることはないのに、ワキガの人の服を借りてから脇の臭いが気になるようになったという方々や、急に脇からにおいが出始めたという方々は、いったい何が原因でこのようなことが起きてしまったのでしょうか?それにはこんな原因が考えられるのです。

 

まず、一時的にワキガのにおいがついてしまったということです。ワキガの人が着ていた服やタオルなどを借りて使うと、においが自分の脇についてしまうということもあります。ワキガのにおいの原因となる雑菌が他者の脇についてしまうと、ワキガと同じにおいが出ることもあるからです。

 

また、前述したアポクリン腺は脇ばかりに集中しているわけではなく、乳輪や耳の中、そして陰部などにもあるため、こうした部位のワキガも存在するのです。このように、脇以外の部位からもワキガのにおいが発生することもあるので、こうした場所に菌が触れたとしても、においだけが間接的にうつってしまう場合もあるのです。

 

次に考えられるのが、もともとワキガの体質だったということです。生まれたときに遺伝的にワキガ体質だった方が、後になってワキガになってしまうこともあります。一方で遺伝的にワキガ体質を受け継いでしまったとしても、ワキガにならない方もおり、個人差はあります。

 

このように、ワキガは人から人へうつることはないのですが、他人のワキガ菌が一時的に触れることでにおいが生じたりする場合もあるため、そのようなときは服やタオルをお湯につけ置き後、重曹などで洗ったり、特別な石鹸などで洗うとよいでしょう。それでもにおいが気になり、ご自身にワキガの疑いがあるようであれば、皮膚科のワキガチェックを受けられてもよいでしょう。